/

この記事は会員限定です

シンガポールで社会起業家台頭

環境配慮と収益両立

[有料会員限定]

シンガポールで環境問題への貢献を目指す社会起業家が増えている。資源の再利用が浸透する欧米社会に触発された若い世代がごみの削減につながる取り組みを始め、同世代の消費者の支持を集める。経済成長を優先しがちだった東南アジアでも、環境配慮の発想が少しずつ広がりつつある。

インターネットで環境にやさしい日用品を販売するジューン・フォン・アタールさん(31)は10月にも、再利用可能なシリコン製のストローを売り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン