/

この記事は会員限定です

WTO 高まる改革機運

貿易戦争、歯止めとなるか 中国の不公正、是正求める

[有料会員限定]

トランプ米政権が仕掛ける貿易戦争への懸念が広がるなか、「通商の番人」である世界貿易機関(WTO)の改革機運が高まってきた。欧州連合(EU)や米国、日本は補助金の透明性向上や経済のデジタル化への対応を提案、中国を巻き込んだ新たな国際ルールづくりを模索する。報復関税の応酬に歯止めをかけ、自由貿易体制を再構築できるか。WTOは岐路に立たされている。

「世界貿易機関(WTO)の近代化に向けた提案」。欧州...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン