中国株の下落止まらず 「人民元ショック」後最安値 米の追加関税を懸念

2018/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】中国株の下落に歯止めがかからない。17日の上海総合指数は2651まで下落、2016年1月につけた「人民元ショック」後の安値を更新した。トランプ米政権が対中制裁関税の第3弾を近く正式表明するとみられる中、約8割の銘柄が値下がりするほぼ全面安の展開になった。米中貿易戦争がアジア経済の重荷になるとの懸念から香港や韓国、シンガポールなどアジア市場も軒並み売られた。

上海総合指数は14年1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]