/

この記事は会員限定です

WTO改革、日米欧が共同提案へ

特定産業補助に厳しく対応

[有料会員限定]

機能不全が指摘されている世界貿易機関(WTO)の改革に向け、日米欧の貿易担当閣僚が共同提案を検討していることが分かった。中国などを念頭に、自国の特定産業を優遇する補助制度を導入した国への締め付けを厳しくすることが柱だ。日米欧が25日にニューヨークで開く予定の閣僚会議で議論し、今秋にも提言をまとめる方針だ。

関連記事を特集面

保護主義に傾くトランプ米政権を多国間貿易の枠組みにつなぎ留めるためにも、W...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り474文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン