/

この記事は会員限定です

後発薬、難路の創薬に挑む

日本ケミファや富士製薬 市場頭打ちに危機感

[有料会員限定]

後発薬メーカーが新薬開発に乗り出している。日本ケミファは新薬候補を製薬大手に譲渡する交渉を進めており、将来的に特許収入を得る。富士製薬工業は新薬候補の臨床試験を始めた。安価な後発薬は普及が進むが、2020年にも市場は頭打ちになる見通し。新薬開発の成功率は低いが、転機を迎える後発薬市場への危機感が各社の背中を押す。

後発薬メーカーは特許が切れた薬を独自のノウハウで安価に製造販売する。医薬品の原価は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン