/

この記事は会員限定です

水道にスマートメーター

都が実証実験 使用量を遠隔検針

[有料会員限定]

東京都は2025年から、水道の使用量を遠隔操作で検針するスマートメーターの大規模な実証実験を始める。都内で複数の地域を指定し、検針業務や漏水の早期発見、老朽設備の情報収集などに活用する方法を検討する。水道事業の業務効率化やサービス向上につなげる。

小池百合子知事が近く方針を表明する。実証実験の詳細は今後詰めるが、都心や郊外など、水道の利用環境が異なる複数の地域を選定。一般家庭や公共施設、水道関連施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン