/

この記事は会員限定です

米、ウイグル族拘束で制裁検討

人権問題で中国に

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】トランプ米政権は中国の新疆ウイグル自治区で少数民族のウイグル族が中国当局によって不当に拘束されているとして、中国政府の当局者らに経済制裁を科す検討に入った。中国にとって人権問題は最も敏感なテーマの一つ。米国が人権問題で制裁に踏み切れば、泥沼化する貿易戦争に続いて米中関係の新たな火種になりそうだ。

シン米国務次官補は13日の米議会公聴会で、中国政府当局者や企業への制裁に関して「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン