/

この記事は会員限定です

アップルに「中国関連」の烙印

[有料会員限定]

米株式市場で貿易戦争への警戒感がぶり返した。14日のダウ工業株30種平均は4日続伸したが、取引時間中に高値から140ドルあまり急落する場面があった。トランプ米大統領が対中制裁の第3弾を進める考えだと伝わり、中国への収益依存度の高い銘柄が下げた。建機のキャタピラーや工業製品のスリーエムなどとともにアップルも売られた。

「トランプ大統領が側近に2000億ドルの中国製品の関税引き上げの準備を指示した」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン