/

この記事は会員限定です

あずさ監査法人受注停止1年 監査、時間より中身

理事長の酒井弘行氏

[有料会員限定]

四大監査法人の一角、あずさ監査法人が「働き方改革」を目的に新規の監査業務の受注停止に踏み切って1年。このほど受注を再開した。現場の過重労働を解消しながら、世間の要求に応える監査の「質」向上の両立は果たして可能なのか。1年間の実験的試みの成果を酒井弘行理事長に聞いた。

――受注停止で働き方改革は進みましたか。

「6月までの残業時間は昨年度比25%減り、労働環境の一定の改善がみられた。導入当初は現場か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン