中堅物流「利益なき繁忙」 求人倍率高止まり、大手は値上げ進む

2018/9/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人手不足と働き方改革の波が大手以外の物流会社の利益を圧迫している。物流需要は旺盛でフル稼働が続くが、大手がドライバーの賃上げ分を荷主に転嫁し利益を伸ばしているのに対し、規模や付加価値で後れを取る中堅以下では人件費アップを運賃に反映できていない。人手不足の一方、デフレ脱却に手間取る日本経済の一断面だ。

厚生労働省によると7月の有効求人倍率は常用労働者(パート含む)全体で1.42倍。中でも不足感が強…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]