2019年1月17日(木)

がん診断、大腸が最多13万人
14年、初の実測値 全てのがんで新規は86万人

2018/9/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国立がん研究センターは15日、2014年にがんと新たに診断された患者は86万7408人と発表した。部位別では男女全体で大腸がんが初めてトップとなった。罹患(りかん)率が高くても死亡率が低い県もあった。同センターは「各自治体での今後のがん対策に生かしてほしい」としている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報