/

この記事は会員限定です

(Science&Tech フラッシュ)暗黒物質の検出 鉛抑え感度向上

[有料会員限定]

岩谷産業 東京大学と共同で、静電気の発生を抑える技術が宇宙を覆う正体不明の「暗黒物質(ダークマター)」の検出精度を高めることを確かめた。感度を下げる鉛の付着を減らす。改良を進め、東大が岐阜県に設置する観測装置などへの搭載を目指す。

暗黒物質は物質とほとんど反応せず、電磁波などでは観測できない。東大は岐阜県飛騨市の地下に検出装置「XMASS(エックスマス)」を設置。極めてまれに起こる液体キセノ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン