昭和の少女漫画 往年の名作に再注目

2018/9/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

この夏、漫画家の陸奥A子が「漫画家として最後の作品」を発表した。18歳でデビューし、現在64歳。ただし創作からの引退ではなく、「イラストレーター、デザイナーとして新たなスタートを切る」のだとしており、公式サイトも作った。

最後の作は「ハッピーエンドの形」。編集者として働きつつ中学生の息子を育てる46歳のシングルマザーを描く。1970年代から漫画誌「りぼん」(集英社)を舞台にアイビールックの若者ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]