2018年11月17日(土)

原油、欧州で一時80ドル超
イラン・リビアに供給懸念 米と価格差広がる

2018/9/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

欧州の指標原油である北海ブレント原油先物が12日、ロンドン市場で一時1バレル80ドル台に乗せた。イランやリビアの供給懸念が買いを誘い、中東に近い欧州の相場に上昇力がかかった。米国の指標原油との価格差は約10ドルに広がった。割安感が強まった米国産原油の輸出は増えそうだが、輸出増で同国の在庫が減ると米指標原油の相場を押し上げる可能性もある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報