/

この記事は会員限定です

原油、欧州で一時80ドル超

イラン・リビアに供給懸念 米と価格差広がる

[有料会員限定]

欧州の指標原油である北海ブレント原油先物が12日、ロンドン市場で一時1バレル80ドル台に乗せた。イランやリビアの供給懸念が買いを誘い、中東に近い欧州の相場に上昇力がかかった。米国の指標原油との価格差は約10ドルに広がった。割安感が強まった米国産原油の輸出は増えそうだが、輸出増で同国の在庫が減ると米指標原油の相場を押し上げる可能性もある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン