2018年11月17日(土)

介護の効果、報酬に反映 21年度にも
質高め、サービス効率化 厚労省はコスト抑制狙う

2018/9/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は介護サービスの内容を検証し、効果の裏付けがとれたサービスへの報酬を手厚くする取り組みを始める。早ければ2021年度の改定で介護報酬を増やす。効果的なサービス事例についてはガイドラインを作成し、全国の他の事業者にも導入を促す。高齢化で介護費用の拡大が続くなか、サービスの質と効率を高めて将来のコスト抑制につなげる。

介護報酬の改定は厚労相が社会保障審議会に諮った上で実施する。まず20年中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報