/

この記事は会員限定です

樽材をイスに再生 サントリーとカリモク家具

ウイスキーの染み残す

[有料会員限定]

サントリーホールディングスと家具大手、カリモク家具(愛知県東浦町)は、ウイスキーの樽(たる)材を使ったソファ「Kチェア」を28日に発売する。カフェなどで人気の商品だが、樽材を再利用することで環境保全意識の強い若者の取り込みを狙う。全国で年間150台の販売を見込む。

サントリーのウイスキー樽は「ホワイトオーク」という高級木材を使う。長期熟成に耐えるよう年輪に対して垂直に切り出し、木目が美しくゆがみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン