/

この記事は会員限定です

リーマン救済「手段なく」

金融危機時の米当局者 理解得られずと釈明

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】2008年の金融危機時の当局者だったバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)元議長とポールソン、ガイトナー両元財務長官が12日対談し、証券大手リーマン・ブラザーズは「担保不足で救済の手段がなかった」(バーナンキ氏)との見方を示した。金融制度は堅固さを増したが「楽観できず、危機対策は永遠の戦いだ」(ガイトナー氏)との指摘もあった。

3氏はワシントン市内で開いた講演会で対談にのぞん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン