/

この記事は会員限定です

ブランドも人も「ホンモノ」?

[有料会員限定]

タイの街中では「果たしてこれはホンモノだろうか」と疑うブランド品によく遭遇する。屋台に並ぶ数百円のシャネルの財布やロレックスの時計はわかりやすい。だが、正規店価格の1割引き程度で売られるスポーツ用品や自動車部品の真偽の判断は難しい。

というのも、ホンモノを生産する工場からの横流し品の可能性があるためだ。工場従業員が製品の出荷時に一部を横領して転売している。こういった不正は日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン