酪農、生乳を廃棄

2018/9/13付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

北海道が誇る酪農は地震に伴う停電の影響をもろに受けた。

上士幌町を拠点とする畜産大手、ノベルズグループはバイオガス発電プラントを持ち北海道電力に売電しているが、契約の仕組み上、停電時に活用できなかった。建設会社やリース会社などから25基の発電機を急きょ調達したが、取引先の牛乳工場が稼働を停止し、6~8日で約130トンの生乳を廃棄した。

希少なジャージー種を飼育し、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]