/

この記事は会員限定です

対米交渉 カナダが左右 日米貿易協議、21日に

NAFTA合意なら圧力懸念

[有料会員限定]

日米両政府は21日に閣僚級の貿易協議(FFR)を開く方向で調整に入った。8月上旬に続く2回目の交渉で米政府の出方を左右するのが、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る米国とカナダの協議だ。21日までにまとまらなければ、米国はカナダとの交渉を優先する。逆にカナダと合意に至れば、日本に照準を定めた厳しい交渉が予想される。

FFRは茂木敏充経済財政・再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン