2018年11月18日(日)

リーマン危機10年 当事者の証言(3)金融界は過ちに学ばない 米金融危機調査委員長 アンヘリデス氏

2018/9/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米リーマン・ブラザーズ破綻を頂点とする金融危機はなぜ起きたのか。米議会が2009年に設けた金融危機調査委員会は当事者の証言や詳細な調査を反映した最終報告書を11年にまとめた。フィル・アンヘリデス委員長(65)がいま語るのは、過ちに学んでいない米金融業界への警告だ。

FRB議長の過ち

「危機は避けられた。警告のサインはすぐそこにあった。住宅価格は収入水準を超えて急騰、全米で無理な融資が急増していた」

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報