/

この記事は会員限定です

AIに奪われやすい仕事 事務処理の「作業」を代替

海老原嗣生

[有料会員限定]

前回に続き人工知能(AI)時代の職業教育のあり方について考えていきたい。いわゆる単純作業という部類の仕事は、結局、7~10の異質な作業の集まりであり、しかも物理的なタスクが伴う。ゆえに、それらの自動化には7~10のメカトロニクスが必要となり、そのコストも相当かさむことから機械代替は難しい。

同様に現状のAIは対人折衝もなかなかこなせない。クリエイティブな仕事もあまり強くはない。だから、顧客対応を行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン