2018年11月21日(水)

スマートウオッチ用半導体 充電1週間近く持続 クアルコム

2018/9/11付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米クアルコムは10日、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を使うスマートウオッチ(腕時計型端末)向けの新しい半導体を発表した。常に時計を画面に表示するほか、充電を忘れても1週間近く使い続けられるようにしたのが特徴だ。装飾品ブランド、モンブランなどが今秋から順次、新チップを採用した機種を売り出す。

クアルコムがスマートウオッチ向けの半導体を刷新するのは約2年ぶり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報