/

この記事は会員限定です

「就活ルール 現状維持を」

廃止論受け大学側 経団連と協議へ

[有料会員限定]

経団連の中西宏明会長が就職活動の時期などを決める「就活ルール」の廃止に言及したことを巡り、全国の大学などでつくる就職問題懇談会は10日の会合で、現行ルールを維持する方向で議論を進めることで一致した。勉学への影響やルール変更による混乱を避けるため、としている。今後経団連などと協議する。

2020年春入社まで適用される現行ルールでは、説明会の解禁は3月、面接は6月、内定は10月とされている。経団連が1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン