PLOのワシントン事務所 米が閉鎖決める

2018/9/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮】米国務省は10日、パレスチナ解放機構(PLO)のワシントン事務所を閉鎖すると発表した。米国の同盟国イスラエルとの和平協議に応じないことを理由に、設置許可を取り消す。国連を通じた難民支援の打ち切りと合わせて、和平交渉の再開に向けてパレスチナ側に圧力をかける狙いだ。

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が10日の講演で詳細を明らかにする見通しだ。米メディアによると、ボルト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]