/

この記事は会員限定です

退職者 AIで予測

リクルート、対策早めに

[有料会員限定]

リクルートホールディングス(HD)は人工知能(AI)を使って退職の恐れがある人を察知、管理職が相談に乗る取り組みを始めた。データに基づき対策を早く打てるようにし、働きやすい環境を整える狙いがある。

同社の国内グループ会社で現在、退職者を予測するシステムの実証実験を進めている。管理職は社員の退職可能性を示す結果が出ると、機会をつくって不満や心配事を聞き出す。

システムには現在の業務や性格診断に加え、労働時間、人事考課などが蓄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン