2018年9月26日(水)

米、対中関税第3弾を判断へ 22兆円分、消費財多く企業など反対

2018/9/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 【ワシントン=鳳山太成】トランプ米政権は6日、中国の知的財産侵害に対する制裁関税の第3弾を巡り、産業界からの意見公募を終えた。対象は家具や家電など消費財を広く含む輸入品2千億ドル(約22兆円)分で、発動済みの4倍に達する。近く米通商代表部(USTR)が意見をもとに品目リストを確定し、トランプ大統領が発動の是非を最終判断する。発動すれば貿易戦争の悪化は必至だ。

 「中国にぼったくられるのは、もううん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報