/

この記事は会員限定です

ゲーム依存、実態調査 厚労省、今年度にも

患者数や生活への影響

[有料会員限定]

生活に支障をきたすほどオンラインゲームなどに没頭する「ゲーム障害」について、厚生労働省は2018年度中にも実態調査に乗り出す。世界保健機関(WHO)がゲーム障害を「精神疾患」に位置づけたことを受けたもので、早期に国内の患者数などの実態を把握し今後の対策につなげるのが狙い。

WHOは6月、疾病や死因の国際的な統計である国際疾病分類(ICD)を改訂。日常生活でゲームを他の活動を差し置いて最優先にするな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン