/

この記事は会員限定です

折り曲げ可能なセンサー、コスト4分の1に

山形大、地元企業と研究

[有料会員限定]

山形大学は柔らかいシートに電子回路を印刷する技術について、地元企業とコストダウンや機能向上に取り組む。山形県と共同申請した文部科学省の補助事業に採択された。初年度1億円の支援を受けて、5年間の事業期間中に目標達成を目指す。高齢者が使うベッドや作業員のヘルメットにセンサーを付け、体温や血圧の急変を遠隔チェックするといった用途を想定する。

採択された「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン