/

この記事は会員限定です

積ハウス、一転最終減益

今期5%減、賃貸住宅苦戦

[有料会員限定]

積水ハウスは6日、2019年1月期の連結純利益が前期比5%減の1270億円になりそうだと発表した。従来予想は2%増の1360億円だったが、一転して減益になる。稼ぎ頭の賃貸住宅事業が地方で苦戦しているほか、西日本豪雨による工事の遅れも響く。

売上高は微増の2兆1660億円と、従来予想を190億円下回る。営業利益も5%減の1850億円と150億円下方修正した。

下方修正の主因は賃貸住宅事業だ。期初計画に比べて部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン