カフカスの投資促進で合意 外相、3カ国訪問終える

2018/9/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

河野太郎外相は6日、アルメニア、ジョージア、アゼルバイジャンのカフカス3カ国の訪問を終えた。日本が地域のインフラ整備や民間企業の投資を促進する方針で合意した。エネルギー資源の安定供給で協力することも確認した。カフカス地域にはロシアが影響力を持ち、中国が進出している。両国を意識して日本も積極的に関与する姿勢を示した。

日本の外相のアルメニアとジョージア訪問は初めてで、アゼルバイジャンは19年ぶりだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]