/

この記事は会員限定です

金融機関へのサイバー犯罪「五輪前 狙われやすい」

イスラエル「KELA」日本CEO

[有料会員限定]

元イスラエル軍の情報部隊を中心につくる世界有数のサイバー空間諜報(ちょうほう)会社KELA(本社テルアビブ)が今秋にも日本法人を設立する。資金の出入りが増える五輪開催国は国際的なサイバー犯罪グループに狙われやすいという。日本での最高経営責任者(CEO)、ドロン・レビット氏に聞いた。

――KELAの活動について教えてください。

「米グーグルなどで検索できるインターネットサイトは実は全体の1割で、残り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン