/

この記事は会員限定です

台風21号、県内農業被害7億3200万円

リンゴなど果樹多く

[有料会員限定]

4日に上陸した台風21号を巡って長野県は5日、県内の農業被害額は7億3200万円に上ったとの調査結果をまとめた。そのうち、リンゴやナシなどの果樹が6億7200万円を占める。市町村別では果樹農家が多い須坂市の被害が最も多く、1億3100万円に上った。

風により果実が落ちたほか、木が倒れる事例もあったという。ビニールハウスの損傷などで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン