台風21号、県内農業被害7億3200万円 リンゴなど果樹多く

2018/9/6付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

4日に上陸した台風21号を巡って長野県は5日、県内の農業被害額は7億3200万円に上ったとの調査結果をまとめた。そのうち、リンゴやナシなどの果樹が6億7200万円を占める。市町村別では果樹農家が多い須坂市の被害が最も多く、1億3100万円に上った。

風により果実が落ちたほか、木が倒れる事例もあったという。ビニールハウスの損傷な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]