/

この記事は会員限定です

国債先物の取引5割増

8月前年比、海外勢の売買膨らむ

[有料会員限定]

国債先物市場の取引が久々に復調した。日本取引所グループによると、8月の国債先物の取引代金は前年同月比49.4%増の134兆円。日銀が7月末、国債市場の機能低下などの副作用に対応して変動幅を広げる政策修正を実施したことを受け、市場参加者の売買が膨らんだ。取引金額は8月としては2007年以来11年ぶりの水準だ。

国債先物は売買の中心となる銘柄が切り替わる「限月交代」のある3、6、9、12月に取引が増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン