/

この記事は会員限定です

高機能品ヒット、ユニクロけん引

前期、客数・単価プラス

[有料会員限定]

ファーストリテイリングは4日、2018年8月期の「ユニクロ」の販売動向を発表し、国内既存店の客数と客単価は9年ぶりにそろってプラスとなった。縫い目のないダウンや伸び縮みするパンツなど、機能性の高い商品が相次ぎヒットした。高機能商品を巡る競争は激しくなっており、アパレル大手が提携に動くなど各社の戦略に影響を与えている。

ユニクロの来店客は1.7%増で2年連続の増加となった。客単価は2年ぶりに増加に転じ4.4%のプラス。売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン