/

この記事は会員限定です

日本新薬、血液がん治療薬販売 中外製薬と共同開発

[有料会員限定]

日本新薬は血液がんの新しい治療薬の国内販売を始めたと発表した。販売するのは「ガザイバ」で、濾胞(ろほう)性リンパ腫と呼ばれる血液がんに効果がある。中外製薬と共同で開発し、販売も両社が担う。血液がんは同社の最重点領域の一つ。対処可能な疾患の領域を広げ、同治療薬で2028年度に売上高205億円を目指すとしている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り147文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン