フィンテックに規制の壁
「給与前払い」法整備後手に 若者からニーズ、健全な育成課題

2018/9/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

給料日を待たずに、働いた分だけすぐに現金を受け取れる「給与前払いサービス」が急拡大している。非正規雇用者や若年層の間で利用が広がり、人手不足に悩む企業の人材確保にも役立っている。ただ、一部の業者によるサービスでは「脱法」の懸念もある。実態が先行するフィンテックの健全な育成と規制をどう両立するか、新たな問題が浮上してきた。

「学生や外国人の従業員は現金で給料を欲しがる人が多い」。都内で飲食店を経営…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]