/

この記事は会員限定です

日銀、国債オペを柔軟に

購入回数減らし金額は上げ 緩和出口観測、けん制も

[有料会員限定]

日銀が前週末に公表した9月の国債買い入れ方針が市場に波紋を広げている。日銀は前月からオペの実施回数を初めて減らす一方、購入金額の上限は引き上げた。柔軟なオペ運営によって、国債市場の取引停滞を避けるとともに、緩和の「出口」に向かうという観測をけん制する狙いがありそうだ。市場は、日銀が実際のオペをどう進めるか見極めようとしている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン