データ解析 不良率低下 丸井織物

2018/9/4付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

合成繊維大手、丸井織物(石川県中能登町)の強みはビッグデータだ。能登半島に集積した同社工場では、毎日平均15台の大型トラックが月平均1500トンの糸を納入。同社はこの糸を1枚の生地に仕上げる過程で得た膨大なデータを収集している。情報を分析することで不良率を直近2年間で3割削減した。

大量の糸を巻き取っていくビーム、目にもとまらない速さで縦糸と横糸を組み合わせていく織機。工場では1千台以上の機械の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]