2018年11月21日(水)

月曜経済観測米金融政策と新興国、一時的な通貨安は必然 元インドネシア中銀総裁 スドラジャド・ジワンドノ氏

2018/9/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国の利上げや米中貿易戦争の激化を受け、新興国経済の先行きにも不透明感が強まっている。新たな危機の芽は育っていないか。1997年のアジア通貨危機時にインドネシア中央銀行総裁を務め、現在はシンガポール南洋工科大学大学院教授のスドラジャド・ジワンドノ氏に聞いた。

金融正常化進む

――トルコリラの急落をきっかけに他のアジア新興国の通貨も弱含むなど、金融市場の動きはかなり神経質です。

「2008年のリーマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報