「狙う広告」1兆円突破へ
属性や行動分析、0.1秒の攻防

2018/9/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ネット上で特定の個人を狙う「ターゲティング広告」の国内市場規模が2018年に初めて1兆円を超える見通しとなった。過去に見たサイトや購買履歴を分析し、0.1秒以内に好みや関心に合わせて最適な広告を打つ。「あなた」を特定する技術の開発が進み、狙い撃ちの精度を1万倍に高めた日本独自の手法も登場し始めた。新たな成長産業の膨張は続くが、プライバシー規制の強化という逆風も吹きつつある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]