/

この記事は会員限定です

米フォード、中国製小型車の輸入撤回

25%関税で

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米フォード・モーターは31日、2019年から予定していた中国製の小型車の米国への輸入を取りやめることを明らかにした。トランプ米政権が中国からの輸入車にかけた25%の追加関税が理由だ。米中の貿易戦争の長期化が、米自動車メーカーの商品戦略にも及んできた。

フォードは中国の合弁工場で生産・販売する小型車「フォーカス」を19年から米国に輸入して販売する計画だった。同社は31日「関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン