2019年9月19日(木)

便潜血を安く検出 効率的に薬を開発

2018/9/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

近畿大学 朴雅美講師らは実験用マウスなどの便に含まれる微量の血液を安く正確に検出する手法を確立した。犯罪捜査などで使う「ルミノール反応」を応用した。試薬10円分で50サンプルの便潜血の検出が可能で、約10分で結果が分かる。出血を伴う胃腸の病気の治療薬の研究開発などの効率化に役立つ。

胃潰瘍や大腸がんなどで消化管から出血すると、便に血が混じる。薬の副作用で消化管から出血する例も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。