/

この記事は会員限定です

東商取の金先物、現物受け渡し急増

差金決済の損失回避へ

[有料会員限定]

東京商品取引所の金先物で現物受け渡しが急増している。8月末時点の受け渡し枚数は2462枚(1枚は1キログラム)と2015年12月以来の高水準。差金決済が主流の東商取でなぜ現物受け取りが増えたのか。金の先高シナリオが崩れ、損失が出る差金決済を避ける投資家が増えたようだ。

先物市場では売りと買いのどちらでも取引を始められる。将来のある時点で上昇すると予想すれば買い、下落を予想すれば売る。

投資家が当初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン