2019年6月19日(水)

吉田修一さん 新たな挑戦 歌舞伎漬けの日々

2018/9/3付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

「常に新しいことに取り組みたい」と考える実力派作家が、近く刊行の新作長編「国宝」(朝日新聞出版)で歌舞伎と向き合った。「古典芸能を題材としたのもそうだし、『……でございます』といった文体、人物の一代記という形に至るまで、本当にいろいろなことに挑戦した作品になりました」と振り返る。

長崎の侠客(きょうかく)の息子に生まれながら、そのたぐいまれな美貌から歌舞伎の女形の道を進む「喜久雄」が主人公。入門…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報