バフェット氏、自社株買い 米バークシャー、6年ぶり 有望投資先見つからず

2018/8/31付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米投資会社バークシャー・ハザウェイを率いるウォーレン・バフェット氏は30日、米メディアとのインタビューで、自社株買いを実施したことを明らかにした。2012年以来、およそ6年ぶりとみられる。従来は株主還元より大型買収を優先する考えを示していた。有望投資先が見つからず手元資金が10兆円規模に膨らむなか、変心を迫られた形だ。

バークシャーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]