/

この記事は会員限定です

空飛ぶタクシー 先陣争い

米ウーバー23年計画 移動革命、安全性が課題

[有料会員限定]

「空飛ぶタクシー」と呼ぶ次世代輸送サービスの開発競争が熱を帯びてきた。米配車大手のウーバーテクノロジーズをはじめ、世界の航空や自動車の企業が業種や規模を超えて競い始めている。空飛ぶタクシーが移動手段や都市交通の一大転換点になりうるからだ。実現への課題は多いものの、移動革命の覇権争いが幕を開ける。

「新宿から横浜まで車なら1時間かかるが、飛行すれば10分で行ける」。ウーバーが30日、都内で開いた輸送...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン