/

この記事は会員限定です

米、車輸入に数量規制

メキシコと合意 240万台超で関税25%

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、米国とメキシコの間で、乗用車の輸入量が一定水準を超えた場合に、米国が最大25%の関税を適用できるとの合意をしていたことが分かった。2017年実績の4割増にあたる240万台を上限とする方向で、事実上の数量規制(総合2面きょうのことば)となる。高関税をテコに自国産業の保護を狙うトランプ政権の手法が改めて浮き彫りになった。(関連記事総合2面に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン