米、車輸入に数量規制 メキシコと合意 240万台超で関税25%

2018/8/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成】北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、米国とメキシコの間で、乗用車の輸入量が一定水準を超えた場合に、米国が最大25%の関税を適用できるとの合意をしていたことが分かった。2017年実績の4割増にあたる240万台を上限とする方向で、事実上の数量規制(総合2面きょうのことば)となる。高関税をテコに自国産業の保護を狙うトランプ政権の手法が改めて浮き彫りになった。(関連記事総

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]