/

この記事は会員限定です

都、保育付き公共職業訓練

企業主導型施設の地域枠活用 2~3カ月、訓練後の採用想定

[有料会員限定]

東京都は子育て中の女性らを対象とした公共職業訓練で、国の支援を受けて保育施設を運営する企業と連携する。都が費用を助成し、企業が職場で業務プログラムを提供すると同時に子どもを預かる。11月にも始める予定だ。出産・育児で仕事を辞めた女性たちが安心して就職に備えられるように支援する。

企業主導型保育施設で、定員を従業員ではなく地域住民に開放する地域枠を活用する。都内で同施設は約230カ所(8月1日時点)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン