集団訴訟、新たな潮流
被害とりまとめサイト始動/「消費者裁判特例法」企業に圧力

2018/9/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

契約トラブルなどの消費者被害の救済を求める集団訴訟に新たな潮流が生まれている。インターネットで被害者を募って弁護士につなげるIT(情報技術)サービスが登場。一方、2016年に始まった「日本版クラスアクション」制度が後押しする形で、実質的に被害拡大を阻止する事例も出てきた。泣き寝入りを強いられてきた被害者の救済が進む可能性がある。

(児玉小百合)

「仮想通貨詐欺。報酬があるかのように見せかけ、ほとん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]